FPGA動的再配置(FPGA版プラグイン機能)《概要・開発概要》

1/3《概要・開発概要》 2/3《検討・実装方法》 3/3《実装と動作確認・付録》

1. ドキュメント概要

SVI-06とSVI-03 本ドキュメントは、カメラ・モジュール評価で使用するカメラI/Fボード:SVI-06に実装されているFPGAの基本機能以外の空き領域に、ユーザ固有のロジックを入れ替えることを可能とするFPGA動的再配置の実現に関するレポートである。
 以降、第二章の開発概要で、目的、計画などについて述べ、第三章のFPGA動的再配置の検討で、最近のFPGA動的部分再構成の動向と本件の動的再配置の違いについて述べる。第四章でSVI-06でのFPGA動的再配置の実装方法について述べ、第五章で実際のサンプルを実装し、動作確認したことについて述べて、本レポートを結ぶ。

2. 開発概要

2.1. 目的

 SVI-06ではFPGAの空きリソースを活用することで、SVI-06の基本機能に加えて、ユーザ固有のロジックをユーザIPとして組み込めるようにする。ユーザIPが組み込まれたFPGAダウンロード・データは、ホストPC上のアプリケーションを通してユーザから容易に、SVI-06ボードの電源をON/OFFすることなく、ダウンロードすることを可能とする。
 また、SVI-06FPGAへのユーザIPの組み込みに際しては、ネットビジョンおよびユーザ間でFPGAソースを公開することなく、FPGAにダウンロードするデータを作成可能にする。
 上記目的を達成すれば、以下に挙げるメリットが得られるものと考える。

・FPGAソースを公開することがないので、お互いに知的財産を守ることができる。
・単一のボードで多くの機能を切り替えて使用できるため、ボードの汎用性が高まり、低コスト化が図れる。
・メモリへの画像取り込みからホストPCへの画像転送処理などは、SVI-06の基本機能として提供されるので、ユーザは大がかりで煩雑な画像転送処理から開放されて、ユーザ固有の追加機能となるユーザIPの設計、検証、評価に集中することができる。
・ターゲットとなるカメラ・モジュールの通信I/Fが高速、高機能化しており、それらの多様なI/F、処理内容に対応する必要がある場合に、ユーザIPの変更だけで基本機能部分を変えなくてすむため、短期間での設計・検証・評価が可能になる。

2.2. SVI-06でのFPGA動的再配置

・FPGA(XC6SLX25-2FGG484C)全体のリソースで、50%程度ユーザに開放できる見込みである。
・DDR2-SDRAM256MByteのうち、一部の領域をフレーム・メモリとしてユーザに開放する。
・ユーザIPとのインタフェースは、汎用バスに近い簡便なものとする。

2.3. 計画

・2012年上半期:顧客別に受託開発を開始。
・2012年下半期:弊社SVI-06基本ロジックをIPとして提供または販売可能にする予定。
・2013年初期:ユーザIPのみの入替ソフトを提供または販売可能にする予定。

FPGAプラグイン開発環境リクエスト(無償期間:2014年11月~2015年1月)

注意事項:記載された商品名、社名は各社の商標です。本資料は仕様変更の為予告なく変更する場合があります
戻る ページの上へ