プロダクト
ホーム > プロダクト > HDMI対応モニターボードSVM-03

モニターボード

SVM-03

概 要   

SVM-03   モニターボードSVM-03は、パラレルインタフェースの映像信号を、録画・表示するためのボードです。HDMIモニターまたはUVC(USB3.0/PC)に出力できます。
   カメラモジュールとの接続はSerDesボードや接続基板を使用することで可能です。SVM-03ボードへの電源供給は、USB3.0コネクタ経由です。パソコンが無い場合は、USB-ACアダプタでも代用できます。
   また、マルチブート機能により、センサー2CHを同時入力したSide by Side画像出力、SVM-03を複数台用いた同期入力など、様々な機能を持たせることができます。
   PCドライバにUVCを採用したことにより、Windows環境ばかりでなくLinux環境にも対応しております。

特 徴
   ・パラレル16ビット150MHzまでの入力対応
・USB3.0、HDMI出力
・1.9Gbps帯車載デシリアライザーに対応

接続例

仕 様
項目 仕様 備考
映像入力インタフェース パラレル映像信号 デシリアライザFPD-Link III、GMSL、GVIF2対応
映像出力インタフェース USB3.0 (Windows, Linux, UVC Driver)
HDMI (720P-60 fps / 1080P-60 or 30 fps )
特殊HDMIモニターは個別対応
入力解像度 最大 4092x4095 pixel 1920x1080の場合 60 fps程度
1280x720 の場合 120 fps 程度
出力ビットレート (UVCモード) 3.0 Gbps 以内
(HDMIモード) 3.6 Gbps 以内
1920x1080の場合 (UVCモード) 80 fps程度
1920x1080の場合 (HDMIモード) 60 fps程度
対応している同期信号 VSYNC, HSYNC, Pixel Clock Embedded SYNC(BT.656)
Data Enable 対応可
クロックレート ~ 150 MHz
対応ピクセルフォーマット YUV422(8bit, 16bit)/ RGB24/ Raw8, 10, 12
入力ビット幅 8 / 16 / 24 / 32 bit 24, 32bit時は GPIOピンを使用
その他の
I/F
I2C 周波数:100 / 200 / 400 kHz 電圧レベルはVDDLに従う
GPIO 最大16bit、8bitごとにIN/OUTの方向制御 電圧レベルはVDDLに従う
電源 ボード電源
(入力)
USBバスパワー / 専用2pinコネクタ(5V)
ターゲット側電源
(出力)
VDDL&VDDH = 1.56 ~ 4.2 V / 3.3V出力有 VDDL :IO電源設定
VDDH : 接続ボード用電源
その他機能 テストパターン出力機能
画像クリッピング機能
ROM起動:SerDes設定ファイル自動送信機能 (I2C)
インタフェースコネクタ 50 + 10 pin (A1-50PA-2.54DSA) 24bit, 32bit入力時には10pinを追加実装
FPGA Spartan-6 (XC6SLX16)
フレームメモリ 128MByte (DDR2-SDRAM)
USB3.0チップ Cypress EZ-USB FX3
HDMI チップ ADV7511
外形 縦 x横 x高さ = 101.6 x 101.6 x 25.7 (mm) 高さはスペーサー(10mm)を含む
付属ソフト Windows 映像表示ソフト NVCap
I2C
コントロールソフト
SVMCtl SVボードバージョンアップアプリ含
対応している弊社SerDesボード UB914A、UB934、MAX9272、MAX96706etc. 左記以外のデシリアライザボード有り
【SVM&Iシリーズ共通仕様】 アプリケーションソフトウェア:NVCap&SVMCtl、テストパターン出力、画像クリッピング機能


用途/実績例
カメラモジュール、CMOSセンサー画像のHDMIモニター出力
アラウンドビュー開発、複数センサー同時モニター

よく使用される業種
自動車・輸送機器、医療試験・分析・測定、IT・情報通信、ソフトウェア、教育・研究機関、その他
















注意事項:記載された商品名、社名は各社の商標です。本資料は仕様変更の為予告なく変更する場合があります。