お知らせ:SVI-03は2014年3月にて製造を終了いたします。
詳細はSVI-03製造終了についてをご確認ください


画像入力ボード:イメージレコーダーSVI-03


picture1概要



イメージレコーダーSVI-03は、デジタル画像を検証する画像入力ボードとPC用の画出しソフトウェアで構成されるシステムです。
画像入力ボードとPC間の接続はUSB2.0で接続します。 評価できる画像はCIF、VGA、QXGAのカラー画像からRawデータまで、デジタル画像であれば全てが対象となります。
評価としては、デジタル画像の評価に特化した、ファンクションテストとして水平16ビットx垂直16ビットまでの画サイズに対応しています。
SVI-03構成図
特徴

●画出しソフトウェアによるデジタル画像のリアルタイム表示 ●表示例:VGA(640x480)-30fps、UXGA(1600x1200)-6fps
●フレームメモリ:128Mbyte
●データ所得モード:ダブルバッファ&リングバッファモード
●ターゲットコントロール:I2C、SPI等 ●I/Oピン制御:In-8bit、Out-8bit(タイマ&カウンタとしても使用可)
●機器との接続:8~16ビット:YUV、RGB、Rawデータ(ベイヤーデータ)etc
●電圧調整:0~4V、2系統、クロック調整:外部or内部(可変)
●レコーディング:動画、静止画、ビットマップ&AVIファイルetc
●再生モニター:YUV&Rawデータの動画と静止画
●画像評価:ベクトルスコープ、ウェーブモニター、ヒストグラムetc
svi-03_window
SVI設定画面


左図の形で画出しソフトウェアより画像入力ボードへ、入力画像のキャプチャー等の設定を行います。



詳細は各ボードにより異なりますので、ご購入後SVIソフトウェアマニアルをご参照ください。




画像入力ボードのパラメーターシート、回路図等のダウンロードはこちら。

タイミングチャート

下記のタイミングチャートをクリックすると、すべてのタイミングチャートが見られます(PDF)

タイミングチャート

ピンアサイン

下記のコネクタ図をクリックすると、ピンアサインが見られます(PDF)

ピンアサイン


共通仕様

共通仕様

注意事項:記載された商品名、社名は各社の商標です。本資料は仕様変更の為予告なく変更する場合があります
SVI-06USB3.0搭載の画像入力ボードSVI-06はこちら
SVI-03の機能はそのままにUSB3.0によりPCへの高速なデータ取り込みを実現しています。
戻る ページの上へ