ソフトウェア開発キット:SDK

イメージレコーダーSVI-03&04&06用独自モニター(画出しソフトウェア)開発キットです。画像キャプチャーボードSVIシリーズには、標準の画出しソフトウェアが付属しますが、本SDKを利用することにより画像キャプチャーボードSVIからの画像を表示する画出しソフトウェアをユーザ独自に開発することができるようになります。SDKの使用のためのサンプル画出しソフトウェアとして、SVI-samとそのソースコード一式が付属しています。

SVI-sam概要

SVIシリーズで使用している、機能ライブラリ(DLL)の基本機能を切出しています。
各モジュールは機能別に切り分けられています。
ユーザーコマンドエリア部はサブメニュ-構成とし、高度なターゲットシステムパラメータ設定が可能となっています。
また、SVI-samを購入していただきますと、SVImonのプラグインソフト(ベクトルスコープ、ウェーブフォームモニター etc)のソースファイルも同梱されます。言語はVisual C++で記述されています

SVI-samイメージ

SVI-sam基本機能

●基本機能:画像表示{シングル、マルチ(9画面)}、ステータス表示(フレームレート、倍率)、画サイズ

●カメラコントロール:I2Cによるカメラモジュールコントロール

●ウェーブフォーム表示&ベクタースコープ表示:

●長時間録画機能:モニタリング画像をHDD/PCに連続録画

●操作画面:画像表示エリア、ステータス表示エリア、コントロールエリア、ユーザーコマンドエリア、インフォメーションエリア

●言語:Visual C++

SVI-sam画像処理機能

svi-04 ソフトウェア開発キットSVI-samに画像処理機能を追加いたしました。

SVI-samは、弊社イメージレコーダーSVIシリーズ用の独自のモニター開発用ソースプログラムとしてご好評をいただいております。現状のSVI-samは、カメラモジュール、DSPなどの画像評価に重点をおいた開発キットになっております。

しかし、カメラモジュールの汎用化により、画像処理アプリケーションの開発ツールとしても必要性が高まってきました。画像処理アプリケーション開発のサポートとして、SVI-samに画像処理機能を追加いたしました。

SD-SVI-04 但し、これらの画像処理機能は、ソース提供の為サンプル的なライブラリとなっております。実際のターゲットに合わせてご使用になる際は、ライブラリの最適化が必要になりますのでご了承ください。また、最適化につきましては、弊社にても受託開発いたしております。

また、イメージレコーダーSVI-03の汎用タイプとして、研究開発用に8ビット専用のSVI-04を新規開発いたしました。小型でコストも抑えた製品となっております

機能追加項目

SVI04VGA2 ●2ch同時表示:
 ⇒2枚のSVシリーズボードを同時使用して、画像合成して1台のPCモニターに立体的な画像を表示いたします。
   ・表示形式:Stereo-view or 3D-view
   ・モニター:SVImon-3D専用モニター

●パターンマッチング:
 ⇒正規化相関により指定した画像を認識し、物体の移動に合わせて認識画像を追尾します。

SVI04VGA●2値化:
 ⇒モニタリング画像をINIファイルで設定されたシキイ値(白レベル、黒レベル)で変換し表示します。


●レンズシェーディング:
 ⇒モニタリング画像をINIファイルで設定されたステップ、スレッショルド値で変換し、レンズ焦点補正機能を提供します。
注意事項:記載された商品名、社名は各社の商標です。本資料は仕様変更の為予告なく変更する場合があります


戻る ページの上へ