SVシリーズ 製品一覧概要

SVシリーズは、FX3を搭載しUSB3.0接続に対応したイメージセンサーからの画像キャプチャー(取り込み)が可能な画像キャプチャーボードのイメージレコーダーSVIと、データジェネレータとしてCMOSイメージセンサー等のエミュレーションが可能なエミュレーションボードのイメージジェネレータSVOの2つの製品群から構成されます。
一部生産終了間近の製品もございますが、製品についての質問などはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

SVシリーズ 製品一覧

SVI-06/USB3.0 イメージレコーダー:SVI-06/USB3.0
イメージレコーダーSVI-06は、CMOSセンサーの画像をUSB3.0経由でPCに高速に取込み表示することができるデジタル画像検証システムです。
SVI-06の構成は、CMOSセンサーなどの機器と接続する画像キャプチャーボードとPC用の画出しソフトウェアです。画像キャプチャーボードにはFX3を搭載しているためPCとの接続はUSB3.0で行うことができます。
SVO-03/USB3.0 イメージジェネレータ:SVO-03/USB3.0
イメージジェネレータSVO-03は、FPGAやASIC、画像処理機器にテストベクタ(テスト信号)を供給するエミュレーションボードです。テストベクタとしてCMOSイメージセンサやテレビ信号などを作成可能です。ボード仕様はSVIと構成は同じで、逆の動作を実行します。
SVM-03HDMI対応モニターボード:SVM-03

モニターボードSVM-03は、画像をHDMIモニターに出力するためのモニターボードです。
カメラモジュールの画像をパソコンで見るのではなく、直接モニターで見る事ができます。接続基板はSVIシリーズで使用していたものが、そのまま使用できます。
イメージレコーダーSVI-07イメージレコーダー:SVI-07※OEM仕様 

イメージ・レコーダーSVI-07は、続した32ビットデジタルデータをPC等へ取り込むためのデータロガーです。
SVI-07は入力レート32bit×100MHz(400MB/sec)の超高速データキャプチャができ、PCへのデータアップロードは、USB3.0を使用し、380MB/sec(約3Gbps)での転送が可能です。
SDK ソフトウェア開発キット:SDK
SVI-samは、弊社イメージレコーダーSVIシリーズ用の独自のモニター開発用(独自画出しソフトウェア開発用)ソースプログラムとしてご好評をいただいております。現状のSVI-samは、カメラモジュール、DSPなどの画像評価に重点をおいた開発キット(SDK)になっております。

SVシリーズ 生産終了間近の製品一覧

SVI-03/USB2.0イメージレコーダー:SVI-03/USB2.0
イメージ・レコーダーSVI-03は、CMOSセンサーの画像をUSB2.0経由でPCに表示することができるデジタル画像検証システムです。
SVI-03の構成は、CMOSセンサーなどの機器と接続する画像キャプチャーボードとPC用の画出しソフトウェアです。画像キャプチャーボードとPC間の接続はUSB2.0で接続します。
SVI-03B/USB2.0ITU-R BT.656専用イメージ・レコーダー:SVI-03B/USB2.0
イメージレコーダーSVI-03Bは、BT656(REC656)専用のイメージレコーダーです。イメージレコーダーSVI-03Bを利用することで、ITU-R BT.656の信号画像をPC上の画出しソフトウェアに取り込むことが可能になります。キャプチャーボードとPC間の接続はUSB2.0で接続します。
SVO-02G,SVI-03G/USB2.024ビット対応SVシリーズ、SVO-02G,SVI-03G/USB2.0

Gシリーズは、24ビット画像データ(RGB8:8:8等)に対応し、詳細なエリア設定が可能になりました。
SVI-04 イメージレコーダー:SVI-04
イメージレコーダーSVI-04は、ターゲットからのデジタルデータをリアルタイムに入力できます。使用例としては、カメラモジュール、DSPからの画像データを取り込んで表示、保存することができます。
SVM-02 モニターボード:SVM-02

モニターボードSVM-02はデジタル画像を、そのままモニターに出力するボードです。SVIとセットで使用し、SVIと同時に動作させることが可能です
SVI-LVDS LVDS変換キット:SVI-LVDS
LVDS変換キットは、SVI-03のターゲット接続ピンを延長する為のキットです。SVI-03の入出力信号を延長する事により、生産現場での操作性向上、ノイズ対策、恒温槽テスト等に有効です。

戻る ページの上へ