長時間出力/SVOシリーズ

特徴

出力 長時間画像出力は、カメラエミュレーションボード:イメージ・ジェネレータSVO-03を使用したアプリケーションです。
このアプリケーションプログラムにより、パソコンのSSD or HDDに保存された連続画像をSVO-03から連続出力できます。


画像の転送レートは、パソコンの性能次第となります。

パソコンの記録媒体にSSDを使用すれば、1080P-30fps画像のリアルタイム長時間出力が可能となります。
これらの機能は標準ではサポートしておりませんので、必要な場合は弊社にお問合せください
特徴

●パソコンのHDDに保存された連続画像の出力
⇒連続画像は、SVIシリーズで録画したFRMファイル、若しくは、AVIプログレッシブファイルをFRMに変換したファイルを使用
サンプルイメージ ⇒左図はブランキング等の設定画面で、通常のSVO-03と操作方法は同様
●画像出力レート(テスト済):VGA(640x480)、30fps、1時間
●最大出力レート
⇒752x480(モノクロ8bit) = 2,887,680bit(1Frame) = 2,887,680bit x 60fps
⇒752x480(カラーYUV16bit) = 5,775,360bit(1Frame) = 5,775,360bit x 30fps
●取扱データフォーマット:FRM、FRMT
⇒FRM:弊社独自フォーマット(2GByte構成)
⇒FRMT:FRM連続ファイルの管理ファイル
●ファイルコンバーター:AVI2FRMのファイルコンバーター(2GByte単位)
⇒FRM、AVI双方向のコンバーターで、弊社HPから無償でダウンロードできます。
使用例

SVOシリーズは、PCからのコントロールだけではなく、ターゲットボード側からもコントロールできます。
この機能により、ターゲットボード側からタイミングを自由に変更できる他、画像のスタート&ストップもコントロールできます。
SVOcontrol画面  通常の長時間出力は、PLAYボタンを押すと画像出力を開始します。
外部ターゲットボードからコントロールする場合は、以下の3つの方式が取れます。
・External Trigger:外部トリガにより、画像のスタートストップが可能
・External V/HSync:外部SYNCによりフレキシブルにタイミング変更可能
・External PCLK:外部PCLKによりフレキシブルにタイミング変更可能

注意事項:記載された商品名、社名は各社の商標です。本資料は仕様変更の為予告なく変更する場合があります
戻る ページの上へ