FX3-USB3.0画像キャプチャーボードSVIとエミュレーションボードSVO

SVシリーズは、FX3を搭載しUSB3.0接続に対応したイメージセンサーからの画像キャプチャー(取り込み)が可能な画像キャプチャーボードのイメージレコーダーSVIと、データジェネレータとしてCMOSイメージセンサー等のエミュレーションが可能なエミュレーションボードのイメージジェネレータSVOの2つの製品群から構成されます。

SVシリーズ 製品

SVI-06/USB3.0イメージレコーダー:SVI-06/USB3.0
イメージレコーダーSVI-06は、CMOSセンサーの画像をUSB3.0経由でPCに高速に取込み表示することができるデジタル画像検証システムです。
SVI-06の構成は、CMOSセンサーなどの機器と接続する画像キャプチャーボードとPC用の画出しソフトウェアです。画像キャプチャーボードにはFX3を搭載しているためPCとの接続はUSB3.0で行うことができます。


SVO-02/USB2.0イメージジェネレータ:SVO-02/USB2.0
イメージジェネレータSVO-02は、FPGAやASIC、画像処理機器にテストベクタ(テスト信号)を供給するエミュレーションボードです。テストベクタとしてCMOSイメージセンサやテレビ信号などを作成可能です。ボード仕様はSVIと構成は同じで、逆の動作を実行します。


SVM-03HDMI対応モニターボード:SVM-03
モニターボードSVM-03は、画像をHDMIモニターに出力するためのモニターボードです。
カメラモジュールの画像をパソコンで見るのではなく、直接モニターで見る事ができます。接続基板はSVIシリーズで使用していたものが、そのまま使用できます。
その他のSVシリーズ製品情報はこちら

SVシリーズ トピックス

Open-CV-BlockSVシリーズ最新事例/2015年7月更新

2015年7月までに開発した機能や商品がSVシリーズ最新事例が掲載されています。 FPGAデュアルブート機能をSVM-03に移植、Extension Unit / UVC / LINUX & Windows サポート
映像情報インダストリアル2015年1月号にFPGAプラグインの記事を掲載 new

2015年1月号「映像情報インダストリアル」誌の組込みボードの最新トピックスの特 集ページにSVI-06のFPGAプラグイン機能を使ったユーザーロジックの実装手法につい て掲載いたしました。


<SVI-06掲載章>
特集2 組込みボードの最新トピックス  P.47-50
FPGA版プラグイン機能でユーザロジックを簡単に実装
~2chステレオカメラによるリアルタイム距離計測~ http://www.eizojoho.co.jp/industrial/pdf/2015.1i_47.pdf
デジタル入出力ボードSVシリーズ最新事例/2014年8月更新
2014年8月までに開発した機能や商品がSVシリーズ最新事例が掲載されています。 1080P-60fps-RawデータをリアルタイムにRaw現像処理等の事例です。
SVボードSVシリーズ 比較表
イメージレコーダーSVI-06Qを使用した、Full-HD-1080P-60fps~80fpsのRaw、YUV画 像を使用したPCでの表示と保存のベンチマークです。

インターフェース2014年11月号掲載記事にSVI-06を使用
2014年11月号インターフェース
2014年11月号インターフェースに、実際にカメラ・モジュールの設定/読み出しを 行う方法の記事内で、2項目でイメージレコーダーSVI-06(USB3.0版)が使用されて います。
 インターフェース11月号は「徹底研究!指先サイズ スーパーカメラ」ですので、 これからカメラを選択するのに便利な情報が詰まっています。掲載されたカメラメー カーのカメラと、SVI-06 or SVI-03は接続実績があります。

<SVI-06掲載章>
・第6章;実際にカメラ・モジュールの設定/読み出しを行う方法 エンヤ ヒロカズ pp.68-75  *今回使った実験環境を例に、SVI-06を使用したカメラコントロールの説明が入っ ています。
 6-3 今回使ったレジスタ設定治具
 6-4 今回使った画像取り込みボード

トランジスタ技術SPECIAL掲載記事にSVIボードを使用

2013年9月28日発売のトランジスタ技術SPECIAL-カメラ・モジュールの動かし方と応用製作-の2つの記事内でカメラからの画像の取り出し用のボードとしてSVI-03(USB2.0版)が使用されています。
カメラの評価を検討しているけどどうしたらとお悩みのかたや、SVIボードの購入を検討しているんだけどという方にはまずはこちらの記事をご確認頂くと、SVIボードの魅力が伝わるのではと思います。


<掲載特集>
・第9章 ;少数生産でも入手可能なCMOSカメラ・モジュールRNMS03D2V by岩澤 高広
・第11章;CMOSカメラOV7670を改造して作る赤外線暗視カメラの製作 byエンヤ ヒロカズ
どちらの記事もCMOSカメラを使用して、画像の評価を行っています。その際に画像の取り出しに弊社のSVIボードを使用しております。
またSVIボードの利点なども記載されています。

SVシリーズ アプリケーション

SVD-06イメージレコーダーSVI-07

矢印連続したデジタルデータをPC等へ取り込みができますmore


長時間画像録画/SV長時間画像録画/SVI

矢印デジタル画像、音声をパソコンのHDDに長時間録画できますmore


長時間画像録画/SVステレオカメラ開発サイクル

矢印2個のエリアセンサを使用し、被写体との距離を測定します。SVI-06搭載のFPGAでアルゴリズム開発できますmore

svi-06 動的再配置FPGA動的再配置/SVI-06

画像キャプチャーボードSVI-06のFPGAにユーザ固有ロジックを格納可能ですmore


長時間画像出力/SVO長時間画像出力/SVO

パソコンに保存してあるデジタル画像、音声を長時間出力できますmore


UVC開発キットUVC開発キット(PDF)
矢印Cypress社EZ-USBFX3搭載UVCに対応した画像キャプチャーボード
more


その他のアプリケーション情報はこちら

SVシリーズ サポート

FAQQ&A

矢印標準タイミングチャート、ピンアサイン、FPGAアップデート等more


アップデート:ダウンロード アップデート:ダウンロード

矢印最新ソフトウェアとハードウェアのダウンロードmore

資料:ダウンロード 資料:ダウンロード

矢印パラメーターシート、回路図等のダウンロードmore

その他のサポート情報はこちら

開発部のブログ
facebook
戻る ページの上へ