最新事例/SVシリーズ
ホーム > 製品サポート > 最新事例/SVシリーズ
☆最新事例/2017年7月更新
2017年7月現在までの最新の開発事例などをご紹介いたします。

SVM-MIPI最終バージョン
  PHY部分の選択に時間が掛かりました。最終版はTI社のPHYを使用しております。
 2種類の旧製品SVM-03-MIPI(メチコム社PHY版、抵抗ネットワーク版)は製造中止といたします。両ボードの最終FPGA&FWとハードマニアルは下記ページからダウンロードできます。両ボードの見分け方は、PHYが実装されているか、実装されていないかです。基板色は緑で、シルクはSVM-03-MIPIと印刷されています。
 最新版のMIPI-IFボードは、間違いを防ぐために基板色を黒にして、シルクはSVM-MIPIにしました。FWは同じ物ですが、FPGAに関してはピンアサインが各ボードで異なります。アップデートを間違うと動作しなくなります。不明点があれば弊社にお問い合わせください。
 機能確認としては、ラズパイカメラ(MIPI-2レーン)、FPDLinkⅢでは、開発中の1080P-60fps対応IC(MIPI-4レーン)まで動作確認できております。
 また、同時にUSB3.0-2CH出力版のSVM-03W-MIPIボードも完成しております。基板色は黒にしました。 http://www.net-vision.co.jp/product/svm-mipi.html
MIPI-IFカメラ開発段階でのサポートツール
 下記の機能は標準的にボードに内蔵しておりますが、お客様毎にお客様の使用状況に合せて使えるようにしております。弊社にお問い合わせください。
1、フレーム番号確認
 MIPIカメラから出力されるフレーム番号(MIPI規格)を画像の一部を利用して画像に組み込みます。
 FPGAでフレーム番号を組み込みますので、先頭ラインか最終ラインに組み込めます。その他に必要なデータがあれば追加可能です。
 これにより、フレーム抜けがどこで発生しているか容易に判断できます。
2、チップスコープでの現象確認
 MIPIセンサー検証例は、チップスコープ/Xilinxで、MIPIセンサーを検証した例題です。この程度のデータであれば直ぐに取り出せます。Xilinx社の環境はお客様サイドで構築していただく必要があります。
 チップスコープは標準のFPGA/SVM-MIPIでは搭載されておりません。専用>のFPGAが必要となります。SVシリーズのデユアルブート機能により、チップスコープ使用可能FPGAを提供いたします。

longpacketlong
図:チップスコープ表示例-次LineのLPからHSへの遷移とLong Packet Long開始
SVM-03&SVO-03パラレルIO高速化(最大150MHz)
 実例が必要との問い合わせをいただきましたので、接続例を紹介します。
IF部分の改造によりザインエレクトロニクス社THCVトランスミッターICの検証環境として、1080P-16bit-60fpsの出力画像を検証できています。
http://www.thine.co.jp/products/num_details/THCV236.html
 高速パラレル転送が安価で実現できます。
前回の内容:
SVM-03とSVO-03の入力フィルタ回路を変更します。変更点は、データラインとIOラインの入力フィルタ回路です。22pFのコンデンサを取り外します。これによりピクセルクロックを最大80MHzから 最大150MHzに向上できます。コンデンサの取外し部分は、回路図の赤破線部分をご参照 ください。
 この改版によりSVI-06&07との完全互換は無くなります。ピンアサインは同様ですが、フィルタ定数が異なる為ケーブル延長した場合リンギングが起こりやすくなる可能性があります。コンデンサを搭載したボードも暫くは在庫しますので、お困りの際 は弊社までご連絡ください。
回路図:http://www.net-vision.co.jp/dl/SVM_IO_Schematics.pdf
FPGAプラグイン開発案件-動的部分再構成
  (Dynamic Partial Reconfiguration)
 最近SVシリーズに組み込んだFPGA-IP例です。詳細は弊社にお問い合わせください。
1、ステレオカメラエミュレーション/SVO-09
2、I2C R/W機能/SVI-09
3、簡易Automatic Exposure(自動露出)機能/SVM-MIPI
4、MRCoHOG前処理ブロック/SVI-06
  人物検出のためのハードウェア指向画像特徴量算出法
  http://www.ieice.org/~iss/jpn/Publications/issposter_2016/data/pdf/ISS-SP-173.pdf 5、 Sub-LVDSカメラエミュレーション/SVO-03-OEM
 
過去の更新ページはこちらから
  ☆最新事例/2017年3月更新(車載カメラ複数チャネル同期) ☆最新事例/2016年12月更新(SerDes接続基板-FPDLinkⅢ&GMSL) ☆最新事例/2016年9月更新(SVM-03-MIPI、SVO-03U&P、RasPiカメラ) ☆最新事例/2016年5月更新(SVM-03、SVO-03新機能追加他)


注意事項:記載された商品名、社名は各社の商標です。本資料は仕様変更の為予告なく変更する場合があります