.

地震や災害時の防災対策用 エレベーター救命ボックス「昇太郎」のウェブサイトは
リニューアルしました。新しいサイトは下記バナーをクリック!

エレベーター救命ボックス「昇太郎」リニューアルウェブサイト


エレベーター閉じ込め対策用救命備蓄品収納ボックス「昇太郎®

エレベータ用救命備蓄ボックス昇太郎

救命備蓄品収納ボックス昇太郎(しょうたろう)は、マンション、商用ビルなどのエレベーターに設置するボックスタイプの非常用防災備蓄品収納ボックスです。エレベータ内に閉じ込められたときに必要な備蓄品を収納できます。

レスキューはすぐに来てくれるのか?

東京湾北部地震(冬18時、風速8m/s)では、都内のエレベータのうち約7,500台が停止すると想定しています。

緊急時にはレスキューが入るため、エレベーター内に備蓄品のを置いておく必要性はないのでは?
という考えの方が大半だと思われます。


現実は、首都圏のエレベータメンテナンス会社が管理するエレベーターは、約22万7,000基あります。
しかし、復旧に関わる作業員は、約2,600人しかいません。


エレベータの閉じ込め事故については次のようなデータもあります。
  • 事故:平常時 平均30事故/日/国内
  • 最長救出時間:1時間
  • 事故対応順:災害時 病院、公共施設、民間の順
  • 救出時間:数時間以上

2005年7月の地震では交通機関が麻痺したため、作業員が現場に到着するまでに時間がかかり、1日近くエレベーターに閉じ込められたケースもありました。

エレベーター内は、最後に救助される可能性が高い場所です。このような場所にこそ、備蓄品は必要だと考えられます。

エレベーター閉じ込め対策用ボックス昇太郎について

昇太郎回転画像概要

備蓄品収納ボックス昇太郎は、マンション、商用ビル等のエレベータに設置する、ボックスタイプの非常時救命用備蓄品収納ボックスです。


今後、発生が想定される、地震、異常気象、エレベータ故障などによるエレベーター内に閉じ込められた際に、必要な延命備蓄品を収納するのに最適なボックスです。


昇太郎の設置により、エレベーター搭乗者の安心感が高まります。更に、建築物件自体の災害取り組み評価により、建築物件の資産価値向上にも繋がると思われます。


エレベーター内に昇太郎が有るか無いかで、閉じ込め事故発生時搭乗者にとっては天と地の差があります。


日本企業の匠の技が生み出した、エレベーター内での閉じ込められたときの対策に昇太郎を評価いただければ幸いです。


昇太郎・エレベータ内 特徴
10面体ボックス:意匠登録済

・搭乗人数を妨げないスリム設計
・最小投影面積設計による、ボックス容積率の向上
・エレベータ搭乗者の安全対策(角処理)


障害者対応

・手すり付きエレベータに設置可能:高さ700mm
・点字シール(トイレ、水、食料と明記)




昇太郎:ドアの開閉アンチロック機構

・非常時は誰もが開扉可能
・開けるとハンドルにロックがかかる:備品盗難確認

昇太郎のドアの開閉



転倒&横滑り防止

・吸着力25.0kgの強力磁石2個により固定
・フロアマット交換・トランク使用時には取り外し可能

昇太郎強力磁石




昇太郎備蓄品内容

上記の表は昇太郎の標準備蓄品です。何時間の閉じ込められるかを想定するかによって備蓄品も変わってきます。
備蓄品としては他に、角砂糖(糖尿病)、消臭スプレー、携帯電話充電器なども有効だと思われます。

※昇太郎の購入時に備蓄品あり/なしを選択することができます。

危機管理協会認定商品

CMA-Certificate 2013年12月2日にエレベーター用救命ボックス昇太郎が、公益社団法人危機管理協会(CMA)の認定商品として認定を受けました。
危機管理協会(CMA)から次のような理由により認定されました。
「地震などの大規模災害によりエレベーターが停止しエレベータ内に閉じ込められたとき、救助まで安心して待つために必要な備蓄品を収納した、省スペース性にすぐれた救命BOXとして認定しました。」
昇太郎は、危機管理協会の活動のうちの「国民保護及び防災に関する適合資器材」として認定を受けることができました。
CMA認定商品一覧はこちらをご覧ください。 これにより、昇太郎は防災知識の普及・啓蒙に役立つ商品であるとともに、実際の災害発生時には価値ある商品になるとの認定を第三者機関から受けたことになります。
危機管理協会および認定商品に関する詳細は昇太郎ニュースVol.017をご覧ください。
今後も利用者が安心してご使用いただけるような取り組みを進めていきたいと思います。

昇太郎商品一覧

型番AVI-01 AVI-01K
モデル名称昇太郎昇太郎(備蓄品付き)
価格オープン価格オープン価格
本体外形エレベーター救命ボックス「昇太郎」スリム
外形寸法W296 × D162 × H700 mm
本体重量6.5kg
付属品取付け用磁石2個、ラベル1式
収納目安少人数/1日を想定
下段にペットボトル3本収納可能
備蓄品なし飲料水500ml×3本
食料×1個
携帯トイレ×6個
救急用品×1式
ブランケット×2枚
ライト×1個
ホイッスル×1個
ティッシュ×3個

※昇太郎設置費用(AVA-05):費用は別途打合せ
   ・設置範囲:首都圏のみ(予めエレベータ内部の写真と工事可能日要連絡)
  

戻る ページの上へ